海外産ハゲ薬の安さに絶句

海外薬をネットで買う

どうもカメタです。久しぶりの投稿になりました。ここ最近仕事が忙しくなり、8連勤して休んで8連勤して休んでを繰り返していました。
ホワイトと思っていましたが、そうじゃないみたいです。あぁでも、もう落ち着いたので今日明日は仕事休み貰ってますけどね。
平日と土曜出勤のはずじゃなかったけ?とか思いつつ、まあ社員だからしょうがないよなとも思ってしまう社畜です。
緩やかに上司を呪いつつあります。

ハゲ治療も着々と進んでいて、医師に言われたとおりに毎日決まった時間に飲んでいますよ。
仕事行く前はいつもギリギリに起きてて、飲むのを忘れちゃうんで就寝前に飲んでいます。

病院の薬を使ってみての感想

病院の内服薬を買い続けて、半年くらい経ち始めています。
病院のを飲み続けて確かに抜け毛はほぼなくなりました。
お風呂の時もシャンプーしても、以前よりは抜けなくなったんです。
完全にではないですが、病院へいかず育毛シャンプーでどうにかしようと思っていたよりはマシになったかと思います。

一応それほど物欲もない人間なので、毎月金欠というわけでもないです。
それでもやっぱり思ってしまうんですよね。「もう少し安くなんないかなあ」という希望。
そこで会社同期のハゲ仲間に聞いたところ、どうやら海外のハゲ薬の方が安く買えるらしいという情報。
ほんとハゲに関してはこいつに頼るしかないな、と思うくらい信頼している。
信頼できる根拠はないが、とりあえず同じハゲ仲間というだけでなぜ安心できるんです。

海外のフィンペシアの方が安いという現実

「海外のハゲ薬ってどうやって買うのさ?」と聞いてみたところ、「海外通販で買えるらしいですよ」とのこと。
どうやら海外の医薬品を取り扱っている専用のサイトが存在しているらしい。
同期は偽薬が怖いらしく、まだ利用したことないそうです。物欲はあまりない俺だけど、好奇心は人一倍旺盛。
だからその場ですぐに調べ始めました。どうやら個人輸入とも呼ばれている手法らしく、通販サイトで海外の医薬品を注文するという方法らしい。
医薬品ってネットでも買える時代になったんだなって感動しました。

それ以上に安い。とにかく安いんです。病院での出費を考えるとかなり値段が変わる。
どのくらい安いかというと、値段が5,000円以上も違う。
その理由は俺が使っているプロペシアのジェネリックが販売されているから。
ジェネリックって俺も最初は意味不明だったんだけど、そこはネットの力を借りて調べました。
どうやら世の中には、大まかに先発薬と後発薬という2種類があるらしいです。
俺が今服用しているのは、先発薬のプロペシア。そして後発薬がフィンペシアというわけなんですね。
先発薬は、開発・製造・販売できるまでにかなりの時間がかかるらしい。あと費用も。だから先発薬は高いままでしか販売できないんだとか。
一方フィンペシアみたいな後発薬(ジェネリック)は、先発薬と成分が変わらないから開発までの時間と費用がかかっていないんですよね。
だから先発薬よりも安く提供できるらしい。

今更ながら病院でなんで毎回「カメタさんジェネリックにしときますか?」って聞かれるんだろうって思ってましたね。
それまで意味も分からず「あー?はい」って適当に返事してましたわ。

海外産は自己責任の服用らしい

実はまだフィンペシアを購入していないんです。だって海外産だし、直接医師に処方されたわけでもないですし。
それにいくらプロペシアのジェネリックだからって、偽薬とは言いきれないわけですよ。
個人輸入とかで調べると、「偽薬に注意!」「買ってはいけません!」とかいう文言をしょっちゅうみるんですよね。

なんでそこまで注意喚起されているのか。どうやら偽薬を掴まされている人が多いらしく、効果をまったく感じなかったり健康被害が出ている人もいるらしいんだ。
そんなことを聞くと余計買いたくなくなっちゃうよね。

思ったんだけどこれって、普通の通販でもありえることじゃないですか?
うちの妹なんかアメリカから化粧品を注文していたけど、「パウダーが粉々!!!」って激オコぷんぷんでしたよ。
あれ?話が違う?まあ、それと一緒なんじゃないかと思っている俺は。ようは買うも買わないも自己責任ってことですよねえ。
買うのはまだ迷うなあ。
でも安いのが魅力的すぎるんですね…!